ふたえ整形は大阪のクリニックが良いらしいけど本当?

サイトマップ

二重

大阪で一般的になってきたふたえ整形のごまかし方

近年は大阪でもふたえ整形は一般的になってきました。メイクの延長として気軽に受ける人も増えていますが、やはり整形したとバレたくないものです。そこで今回はふたえ整形してもばれない方法についてご紹介します。
まずばれやすいのはまぶたの腫れです。腫れたまぶたで急に二重になっていれば周りの人は整形したんだなと気が付くでしょう。それを防ぐためには整形方法をきちんと選ぶことが重要です。大阪でもふたえ整形には埋没法と切開法がありますが、腫れに関して言えば埋没法がおすすめです。柔軟性のある細い糸を使用してまぶたを止めるので腫れは少なくダウンタイムも短く済みます。しかしこの埋没法ですが糸の結び目がぽこっとまぶたの表面に出てしまうことがあるのです。そうなると周りにはバレバレなのでまぶたの裏側で結ぶ方法を選ぶようにしましょう。また術前術後の対策も重要です。整形前にはアイプチで二重にしておきましょう。いきなりぱっちり二重になればまわりは違和感を持ってしまいます。濃いメイクも効果的です。普段から濃いメイクをしていると印象が変わりにくいので術後もばれにくくなります。術後は髪形を変えたりメガネを使用することがおすすめです。まぶたの上部にメガネのフレームや髪の毛があるとそちらの方に気を取られ二重に気付かれにくくなります。
身近になってきたとはいえまだまだ整形は理解されません。工夫次第でごまかすことは可能です。大阪のlクリニックで理想の二重を手に入れましょう。

大阪で人気のふたえ整形やプチ整形で二重に!?メリットとデメリット

最近では、二重にする整形はプチ整形と言って手軽に行えるため大阪でも人気があります。また人にも気付かれにくいのも特徴です。しかし、プチ整形と言っても手術には変わりありません。そこで今回は二重のプチ整形についてのメリット・デメリットを紹介したいと思います。
●ふたえ整形のメリット。やはり手軽で身近な事が最大のメリットと言えるでしょう。次に非常に安価なのも良いポイントになるのではないでしょうか。メスを使って切る手術よりも安いです。また手術時間も短く、手術後すぐに家に帰ることも出来ます。しかも、あまり腫れも少ないです。仮に腫れたとしても数日で収まるますし、傷跡も目立ちません。他の整形とは違い二重が戻りにくいのも嬉しいポイントですね。
●ふたえ整形のデメリット。プチ整形と言ってもやはり手術には変わりありません。他の整形手術と同じで、医師の技量によってかなり左右される事になりでしょう。希望とは異なる形になってしまう事もあります。ですので、医師によって様々なのが現状です。
いかがでしょうか?ふたえ整形では簡単に行える反面、医師によって変わってくるので、大阪でも慎重に手術をしてもらう医師を決めないと行けなさそうですね。気を付けて大阪のクリニックなどを選びましょう。

大阪で増えているふたえ整形って何をするの?

私が大阪でふたえ整形をしたのは20歳の時です。幼い頃から二重に憧れていて、化粧をしだした高校生の頃からずっとアイプチをしていました。毎日アイプチをするのはとても大変で、時間はかかるし、上手くいかない時もあるし、濡れると取れてしまうので、汗をかいたり海やプールに行った時はすぐに直したり、アイプチにとてもストレスを感じていました。そしてついに友人がふたえ整形をした事を知り、私もふたえ整形したい、と思うようになりました。
私のまぶたは結構重い方なので、大阪の病院で埋没では綺麗な二重にはなりにくい、と言われ抜糸をすることにしました。まぶたを切るなんて絶対痛いだろうな、怖いな、と思っていましたが、麻酔をされたら痛みなんて全然感じませんでした。あっという間に手術は終わりました。鏡を見た瞬間凄く腫れ上がったまぶたに驚きが隠せませんでした。病院では飲み薬、塗り薬、目薬を出され、化粧は4日間控える事、激しい運動をしない、などいくつか条件がありました。言われた通り安静にしていたら、だいたい1週間弱で腫れはおさまりました。化粧も1週間くらいしたら出来るようになりました。自分の希望通りの二重幅になるには1ヶ月弱かかりました。今ではすっかり二重が定着し、今までのアイプチの苦労が嘘のようです。今では大阪で流行中のふたえ整形して本当に良かったです。

メニュー

注目の記事