ふたえ整形は大阪のクリニックが良いらしいけど本当?

サイトマップ

二重

大阪のクリニックのふたえ整形で人生が変わることもある

笑う女性

私は親の遺伝を見事に引き継いでしまい、くっきり一重です。幼い頃から二重まぶたには憧れを持っていました。なぜなら二重まぶたの人の方が可愛いらしい、女の子らしいからです。化粧をするようになり、アイシャドウやアイライナーをするたびに、二重になりたいと今でも思います。高校時代は二重まぶたに憧れすぎて、シャーペンの先を二重まぶたの線があったらいいなと思うところに押し付け、手作り二重の線を作ったりしていました。一重の人間にとって、二重は一生の憧れです。アイプチもチャレンジしましたが、毎日はめんどくさいし、大変でした。それに手が不器用なせいで、不自然な二重にしかならず断念しました。二重整形はしたことはありませんが、一重の私にとってはとても気になるものの一つです。
目は人の印象を変えます。それぐらい大事なものなので整形は勇気のいるものですが、もし整形をするのなら憧れの目を手に入れたいと思います。一重にも色々な一重があるように、二重にも色々な二重があります。二重の線の幅が大きいほど目は大きく見えるように思います。大きく見せたい願望はありますが、私の理想の二重は線の幅が狭い、ナチュラルな二重です。二重整形が実現すれば、自信もつき、人生変わると思います。

注目の記事